VIO脱毛(ハイジニーナ)は痛い?誤解と正論

脱毛サロンなどに行くと、ハイジニーナ脱毛というコースを目にすることがあると思います。ハイジニーナとはVIOラインの脱毛をしている女性のことを指す言葉で、英語で衛生的という意味のhygine(ハイジーン)からきているとされています。

ハリウッドのセレブなどがそハイジニーナであると明らかになったり、欧米ではおしゃれの一環として習慣化されているということから、最近日本でも話題となり、ハイジニーナが流行の兆しを見せています。

ハイジニーナのメリットはというと、VIO脱毛することによりムダ毛を気にする必要がなくなるため、水着や下着といったものを自由に選ぶことができます。また、蒸れることもないため臭いや生理の際の痒みといったものが軽減され、衛生的であると言われています。

また、自己処理ではカミソリなどによって肌を痛めてしまう可能性がありますが、ハイジニーナ脱毛を行えばその心配もなくなり、それらの悩みやストレスといったものが軽減されることでしょう。

VIOは非常にデリケートな部分ですし、毛が太かったり皮膚が薄かったり、色素沈着してしまっていたりといった理由もあり、痛みを感じることが多いと言われています。IラインやOラインは個人差があり、あまり痛みを感じない方もいるとのことですが、どうやらVラインはそうはいかないようです。

これはなぜかといいますと、レーザー脱毛などでは毛根のメラニンに反応することによって毛を作り出す細胞を処理しているのですが、色素沈着してしまっていることによって反応するぶぶんが多くなり、痛くなってしまうようなのです。

しかしそれは医療機関で使用されることの多いレーザー脱毛での問題点であり、光脱毛を使用しているしエステなどならば痛みを軽減することが可能と言われています。

また、光脱毛ならば色素沈着を綺麗に美白する効果もあるとのことですので、一石二鳥とでも言えましょう。少しでも痛みを抑えたいならば、エステを利用するほうが良いと言えます。

大手サロンなら引っ越ししても通えて安心

みなさんの中にもこれまでにムダ毛で悩んで脱毛サロンに行こうと思った事がある方も多いと思います。ですが、いざ本当に脱毛サロンに通おうと思った時に気になる事が出てくると思います。

そのひとつが脱毛サロンに通っている最中に引越しをした場合等です。こういう場合に多くの方は途中まで脱毛の施術を受けてそれ以降は脱毛の施術を受ける事が不可能になると考える方もいと思います。

では、本当にこういう場合が起きた時に脱毛の施術が中途半端になってしまうかというと、それは多くの場合は間違いです。

というのも、脱毛サロンの多くは全国展開していて脱毛途中で引越しをする事になっても引越し先近くに同じ系列の脱毛サロンがあるのが普通なので引越しをする事になった時は引越し先近くの脱毛サロンで引き続き脱毛の施術を受ける事になります。

ですから、脱毛サロンに通っている最中に引越しをする事になっても引越し先の脱毛サロンでムダ毛の脱毛をする事ができるので特に困った事になる事はないです。

ただ、万が一全国に系列店がないような脱毛サロンでムダ毛の脱毛をした場合で引越しをして途中でできなくなってしまった以上返金請求は可能ですので、こういう時は払った金額の返金を求める事になります。

脱毛サロンでムダ毛の脱毛をしようと思った時は多くの方はどこの脱毛サロンでムダ毛の脱毛をしたら良いか迷うと思います。

それは当然の事でムダ毛の脱毛を脱毛サロンでやってもらおうと思った時は結構な金額を払って脱毛をする事になるからです。ですから、高い料金を払ってムダ毛の脱毛をやろうと思った時は本当に安心してできる所でやりたいと考えるものです。

では、実際に脱毛サロンでムダ毛の脱毛をしてもらおうと思った時はどういう所を選ぶのが一番良いかというと、それは全国チェーンを展開している脱毛サロンを利用される事です。

そうすれば、大抵の場合はそこでムダ毛の脱毛をやったからと言って特に大きな問題はないと思います。というのも、全国チェーンをやっている脱毛サロンというのはそれまでに大きなトラブルもなく大きくなっていった結果全国チェーンを展開するまでになっているからです。

ですから、全国チェーンの脱毛サロンというのはそれなりに歴史があるので安心して脱毛をしてもらえるというわけです。