脱毛サロンなどに行くと、ハイジニーナ脱毛というコースを目にすることがあると思います。ハイジニーナとはVIOラインの脱毛をしている女性のことを指す言葉で、英語で衛生的という意味のhygine(ハイジーン)からきているとされています。

ハリウッドのセレブなどがそハイジニーナであると明らかになったり、欧米ではおしゃれの一環として習慣化されているということから、最近日本でも話題となり、ハイジニーナが流行の兆しを見せています。

ハイジニーナのメリットはというと、VIO脱毛することによりムダ毛を気にする必要がなくなるため、水着や下着といったものを自由に選ぶことができます。また、蒸れることもないため臭いや生理の際の痒みといったものが軽減され、衛生的であると言われています。

また、自己処理ではカミソリなどによって肌を痛めてしまう可能性がありますが、ハイジニーナ脱毛を行えばその心配もなくなり、それらの悩みやストレスといったものが軽減されることでしょう。

VIOは非常にデリケートな部分ですし、毛が太かったり皮膚が薄かったり、色素沈着してしまっていたりといった理由もあり、痛みを感じることが多いと言われています。IラインやOラインは個人差があり、あまり痛みを感じない方もいるとのことですが、どうやらVラインはそうはいかないようです。

これはなぜかといいますと、レーザー脱毛などでは毛根のメラニンに反応することによって毛を作り出す細胞を処理しているのですが、色素沈着してしまっていることによって反応するぶぶんが多くなり、痛くなってしまうようなのです。

しかしそれは医療機関で使用されることの多いレーザー脱毛での問題点であり、光脱毛を使用しているしエステなどならば痛みを軽減することが可能と言われています。

また、光脱毛ならば色素沈着を綺麗に美白する効果もあるとのことですので、一石二鳥とでも言えましょう。少しでも痛みを抑えたいならば、エステを利用するほうが良いと言えます。