自己処理の繰り返しで出来てしまう事の多い埋もれ毛。原因はいろいろあるものの多くの場合、カミソリでの深剃りや逆剃り。また、毛抜きなどで無理やり引き抜いたことが原因になっています。

そんな埋もれ毛の見た目は、黒くて、ぽつぽつ、ザラザラといったような状態で、決して見た目的にも良くないと言う事が言えます。また、中には埋もれ毛が原因で肌が炎症を起こす事もあり、衛生的にも決して良くないと言う事が言えるのです。

中には、そんな埋もれ毛を何とかしたいという思いで、自分で切開し埋もれ毛を取ってしまう人もいますが、そんな事をする事で、切開部分に菌が入ってしまい炎症を起こす原因になったり、また、シミなどの原因にもなりかねません。

だからと言って、そのまま放置しておくと、色素沈着を起こして黒くなったままになってしまう事もあります。その為、埋もれ毛は作らない!事を大前提とし、出来てしまったら、適切な対処を行う事をお勧めします。

埋もれ毛を作らないように気を付けていても、自己処理を行っていると、どうしても出来てしまう事の多い埋もれ毛。そんな埋もれ毛が出来てしまった場合は、出来るだけ早く適切な対処を行う事をお勧めします。

まずは、埋もれ毛を作らない為にも正しいムダ毛処理が必要です。カミソリの使用は避け、除毛クリームなどを使用し、脱毛を行います。もし、カミソリなどで自己処理をする場合は、自己処理後は、尿素クリームなどを使用し、しっかりと手入れをする事が大切です。

また、出来てしまった埋もれ毛の対処法としては、ピーリング効果のあるローションでやさしくふきとる方法がお勧めです。角質が柔らかくなって入浴後に行う事が効果的で、やさしく行う事が重要です。ここで、強い刺激を与えてしまうと逆効果になりかねません。

最終的にお勧めなのは脱毛サロンに通う事になってきます。脱毛サロンに通う事で、埋もれ毛を取り除く事ができるほか、埋もれ毛を作る原因を取り除く事ができるからです。