気付くと鼻の頭に出来ているブツブツと黒い汚れ。それは、70%が古い角質なのです。角質が毛穴に詰まる事で、黒く見えたり、ブツブツとしかように見えてしまうのです。

そして、鼻の毛穴に角質が詰まってしまう主な原因は、乾燥や洗いすぎ。「え?洗い過ぎがいけないの?」と思う人もいるかも知れませんが、洗顔の際に毛穴の汚れが気になるからと言って、ゴシゴシと洗ってしまう行為は、反対に毛穴の汚れ対策にはならないのです。

ゴシゴシと肌をこする事で、肌に強い刺激を与え、角質層に強いダメージを与えてしまうのです。その為、優しく泡で洗顔するように心がける事が大切になってきます。

その他、肌のターンオーバーを乱すような食生活の乱れや睡眠不足なども、角質が溜まりやすい肌になる為、避ける事が必要です。

また、紫外線も毛穴ケアには、大切になっている為、日々の紫外線対策を十分に行う事も重要です。

このように、鼻の毛穴ケアにおいては、まずは、原因である古い角質を毛穴に溜まりにくい状態を作る事が大切になっており、それを行う事、少しでも解消する事が可能になっています。

溜まってしまった鼻の毛穴の汚れの正しい取り方

毎日、気を付けていても溜まってしまった鼻の毛穴の汚れを取るためには、まず、ピーリング石鹸や酵素洗顔料の使用がお勧めです。これらの成分には、古い角質の主な成分であるタンパク質を取り除く効果があり、これらを使って優しく洗顔する事で、古い角質を落として行きます。

また、毛穴の日ごろから柔らかくしておく事も大切です。洗顔する前には、蒸しタオルで毛穴を広げてあげるほか、指で鼻を触って、鼻の体操を行うと良いかと思います。

間違っても、指や毛抜きなどで、無理やり、角栓を取り出そうとはしない事が大切です。無理やり取り出そうとする事で、その時は、きれいになったように思えるかも知れませんが、その後、毛穴が開いたままの状態になったりと肌に大きなダメージを与えかねません。

そのような事から、鼻の毛穴ケアを行う際は、無理矢理取り出そうとするのではなく、あくまでも、肌や毛穴に優しい方法で行う事が大切になってきます。

また、今後、角栓が詰まらないように日々の毛穴ケアを行う事が大切になってくると言えるのです。

毛穴といえば脱毛とも関連

毛穴といえば脱毛もきってもきれない関係があります。脱毛すれば毛そのものがなくなるので毛穴も目立ちにくくなるんですよね。

特に、一年中他人に見られることの多い「うなじ」などは、プロに脱毛してもらうのが最も賢い方法ですよね。

そんな時は事前の情報収集がなにより大切です。以下の様なノウハウサイトを参考にして知識をつけると、サロン選びで後悔する可能性もグッと下がります